• Trust Japan Thailand
夜のタイ女性特徴

タイの夜の女性の特徴

タイの夜の女性の特徴
「夜の街」のイメージの強いタイ。バンコクのスクンビット通りでは観光客目当てのゴーゴーバーやカラオケが平日でも朝まで賑わい、そのホステス達を求めに数多くの日本人男性も訪れます。ホステス達の多くは、「お金が欲しい」「ブランドのバッグが欲しい」といった非常に安易な理由でこの世界に入るケースが多いようです。一昔前であれば、田舎の片親を食べさせる為にやむをえず夜の街に身を委ねていた女性も多かったようですが、タイも現在は豊かになっています。「給料がいいから風俗や水商売をやっている」そんな女性が殆どです。

夜のタイの女性のステータス

夜のタイの女性のステータス
タイには親日家が多く、日本人男性はタイに行けばモテモテと思っている人も居るようですが、甚だ見当違いです。タイ人のホステスが求めているものは、日本人男性の「財布の中身」に過ぎません。羽振りの良さそうな日本人には徹底的に尽くし、必死にお店や自分にお金を落とさせようとします。本当に夜のタイの女性のステータスになる人種は、白人です。ゴーゴーガール同士で白人の彼氏を取り合ったという事例も過去にはありましたが、夜のタイの女性にとって、白人の彼氏は理想のようです。

愛人が居るケースも多い

愛人が居るケースも多い
タイの夜の女性を調査することも頻繁にありますが、浮気や彼氏が居るのに愛人を作るような行為は日常茶飯事です。定期的に愛人と身体の関係を持ちながらお小遣いを貰い、それで生計を立て、ブランドの服を買う。愛人が去ればまた新しい愛人を作る、愛人を何人も囲うといった例もあります。売春行為や愛人からお金を貰うような行為に関しての罪悪感はあまり見受けられないのは、お国柄や習慣の違いからかも知れません。ただ、残念な事に「愛人」の立場になっているのは、”ある程度の年齢”になった日本人男性が多いというのも事実です。

LINE無料探偵相談サービス

  • LINE無料探偵相談サービス

タイ探偵調査 お問い合わせはこちらへ

  • タイ探偵調査 お問い合わせはこちらへ