• 調査知識
  • 調査知識
タイ 携帯SIMについて

タイ 携帯SIMについて 

タイ 携帯SIMについて 
ターゲットの所持する携帯電話のGPSから所在を突き止める事が出来るトラストジャパンは、タイの携帯電話事情にも精通しています。現在タイでは下記の3社が有名です。

・AIS

タイでは一番定番的な携帯電話会社。日本でいう「NTT Docomo」的な立ち位置です。プリペイドを利用する際もAISの利用者は多いようです。

・DTAC

AISの好敵手的存在としてシェアを広げる企業。スワンナプーム国際空港にDTACの店舗があり、タイ到着後すぐにDTACのプリペイドSIMカードを入手することが出来ます。DTACのプリペイドSIMカードを入手するには、DTACの店舗で購入するか、街中の携帯電話ショップで入手するかになります。

・TRUE

近年もっとも勢いのあるタイの通信企業のように思われます。日本のSOFT BANK的な存在で、今も加入者が増え続けている通信事業者です。

タイでの携帯電話利用方法

タイでの携帯電話利用方法
タイでの主な携帯電話利用方法は、Postpaid(ポストペイド)Prepaid(プリペイド)の2種類があります。ポストペイドは、現地人によく利用される方法で、月額使用料をまとめた請求書がポストに届く、いわば一般的な利用方法です。対しプリペイドは、通話する分の料金を先に支払い、支払った範囲内で通話やメールが可能な利用方法で、観光客でも簡単に所持できる為、外国人によく利用されます。

外国人(日本人)がタイで携帯電話を持つ場合

外国人(日本人)がタイで携帯電話を持つ場合
日本人も長期旅行者や1年未満の滞在者は、プリペイド携帯を所持しているケースが多いようです。スマートフォンをWi-fiスポットのみでのメールツールとして活用し、緊急通話時の為にプリペイド携帯を所持するというスタイルで何も不便は無いと思われます。携帯電話も50バーツ程度から購入出来、身分証明書があれば誰でも手に入れる事が出来ます。

タイにも”振り込め詐欺”はある?

タイにも”振り込め詐欺”はある?
実はタイにも振り込め詐欺はあります。昨年6月、タイ北部のチェンライで、組織ぐるみで振り込め詐欺を行っていた集団が一斉摘発され話題になりました。言葉の壁、タイ語がまだ不自由な日本人を狙い、外国人相手の振り込め詐欺も増えてくるかも知れません。個人、企業ともにタイでの怪しい電話には注意です。

海外在住の方も便利なLINE無料電話チャット相談

  • 海外在住の方も便利なLINE無料電話チャット相談

タイ探偵調査 お問い合わせはこちらへ

  • タイ探偵調査 お問い合わせはこちらへ