• 調査知識
  • 調査知識
タイ風俗について

タイ風俗について

タイ風俗について
弊社はこれまでも数多くのタイの風俗が関連した調査を行ってきました。安値で風俗が楽しめるという先入観が非常に強いこの国では、若者から中高年に至るまで女漁りをする日本人が今日も絶えません。事実、年間でタイを訪れる日本人140万人のうち、その対比は男2:女1と言われるほどです。あからさまに、タイの夜、タイの女性を求めてこの国を訪れる日本人男性も少なくないのです。

スクンビット地区に多いマッサージパーラー

スクンビット地区に多いマッサージパーラー
タイではソープランド的な位置付けの風俗産業がMPと呼ばれる「マッサージパーラー」です。しかし、日本の下町にひっそりと存在するようなものではなく、建物の規模は大きく、都心のアミューズメントパークのように壮大です。スクンビット地区に多く有るタイ古式マッサージ店の中には日系(日本人経営でホステスがタイ人)のお店も多く、はじめから風俗を謳っているお店もあります。ゴーゴーバー、カラオケなどと同様、日本人男性の利用者も多く、度々ホステスの女性と深い仲になってしまう不倫トラブルも少なくないようです。

タイの風俗街の治安

タイの風俗街の治安
風俗街といえば「裏の世界」のイメージが強く、治安が悪いという印象を抱かれる方も居ます。実際のところ、風俗街として有名なタニヤやスクンビット通りも、そこまで治安は悪くないようです。ヤクザやマフィアのような暴力団のような輩も存在しません。しかし、国民の安全をパトロールする筈の警察が時において厄介です。何かしらトラブルが発生しても対処は非常に遅く、ルーズ。悪質な警察官は、安全に運転している運転手をスピード違反者として呼び止め、罰しないかわりに賄賂を請求し、そのお金をその日の昼食にしているといった、日本では信じられないような例も日常茶飯事です。

24時間待機中!!LINEで無料相談ができます。

  • 24時間待機中!!LINEで無料相談ができます。

お見積り・無料相談はこちら

  • お見積り・無料相談はこちら