• 調査知識
  • 調査知識
日本人のタイでのビザ

日本人のタイでのビザ 

日本人のタイでのビザ 
海外に長期滞在するうえで、必要とされるビザ。タイ現地で働く日本人を調査するトラストジャパンは、タイの滞在ビザに関する情報、法律にも精通しています。対象者の保有しているビザがトラブルの真相を左右するケースなどもあり、調査を行う上でターゲットのビザの詳細は知っておきたい情報のひとつです。日本人はビザ無しで1か月+1か月(延長申請)の最大2か月ビザ無しでタイに滞在することが出来ます。大抵の旅行者はノービザでタイを訪れますが、駐在員や学生などである一定期間タイに滞在する人は国に申請を行い、ビザを保有する必要があります。

長期滞在の日本人が保有するビザ一例

長期滞在の日本人が保有するビザ一例
【ツーリストビザ】

通常は2か月+1か月(延長申請)の最大3か月を1単位にします。留学や旅行などを目的としない長期旅行者がこのビザを保有します。現状は申請する国により最大ダブルまで申請できます。

【ノンイミグラントビザ】

入国目的により13種類あり、その中で主に日本人が取得するケースが多いビザです。

・EDビザ
”education(教育)”の略です。タイに留学する目的のビザです。大学・タイ語学校などその目的に応じて、1年以上の長期も申請できます。

・Bビザ
”buisiness(ビジネス)”の略です。タイで就労する為のビザです。

・Oビザ
上記以外のビザで、配偶者ビザ・医療ビザ等があります。"other(その他)"という意味です。

他にも、長期滞在の為の「ロングステイビザ」や審査をパスすればタイで一生暮らす事が出来る「永住ビザ」などがあります。

不法入国やノービザ滞在の実情

不法入国やノービザ滞在の実情
ノービザでタイに入国し、2ヶ月間ギリギリまでタイに滞在。その後、数時間だけ隣国カンボジアやラオスへ行きまたタイへ戻る…。東南アジアでよくいる、”不良外国人”の悪質な手口のひとつとして以前から問題になっているケースがあります。以前こそタイはそういった行為に寛容だった部分もあるものの、現在は取り締まりも厳しくなり、以前のように何度もこのような行為を繰り返すことが出来なくなっている現状があります。それでもタイ国内の日本人のノービザ滞在者、日本で何かしらの罪を犯し、住める立場ではなくなってしまい、タイで暮らしている日本人も少なくないのが実情です。

お見積り・無料相談はこちら

  • お見積り・無料相談はこちら